茶色のタイルの家

注文住宅についての紹介

和モダンデザインの家

注文住宅とはすでに間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、建築主が自分の希望をいかし施工会社と請負契約をかわして、建築する新築住宅のことです。間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みに合ったものを採用することができますが、完成した住宅を買うわけではないので、図面などを参考に完成時の状態を理解しなければなりません。
ですので注文住宅は、時間がかかってもこだわりを家にしっかり反映させたいという人に最適な方法です。建物の工事費は、材料費、加工費や取り付けなどの手間賃、運搬費、地盤調査や申請手数料などの諸雑費、管理費などの間接費、会社の利益などが含まれ、構造や床面積、依頼先や予定地、グレード等によって決まります。見当のために申し上げると、床面積に限らず下限は1000万円前後で、上限はいくらでもかけることができます。
床面積30坪ほどの平均的な住宅で言うと、木造の場合は1500~2400万円、鉄骨造の場合で1800~2700万円、鉄筋コンクリート造で2100~3000万円ほどと言えます。ただし、最近では震災や消費税増税の影響による人件費の高騰、法規制の厳格化による建材の高騰などが重なり、総じて住宅建設時の工事費は上昇傾向にありますので、注文住宅を建てたい方は注意してください。

注目の記事

間取り図面と家の模型

耐震性に照らして注文住宅を設計

注文住宅であれば、規格されたモデルハウスによる耐震性に関する検証はあまり意味を持ちません。個別の注文住宅に応じてこのような耐震に関する…

more
和モダンデザインの家

注文住宅についての紹介

注文住宅とはすでに間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、建築主が自分の希望をいかし施工会社と請負契約をかわして、建築…

more
三角屋根の家

注文住宅で有用な耐震シミュレーション

居住していく人にとって、注文住宅は快適であるばかりか、なおかつ安心して暮らしていけるようにしなければなりません。このため注文住宅は、と…

more
四角いデザインの家

注文住宅とは

注文住宅とは新築の住宅の建物の内装、外装、間取りといったものを、自分自身で決定できるといった建築様式のことを言います。自分で決めること…

more
Top