茶色のタイルの家

注文住宅とは

四角いデザインの家

注文住宅とは新築の住宅の建物の内装、外装、間取りといったものを、自分自身で決定できるといった建築様式のことを言います。自分で決めることができる範囲がたくさんあることから、自由度の高い建て方といえます。この注文住宅には大きく2種類に分けることができます。
まず一つ目はフルオーダー式です。フルオーダーでは、家に使う木材の種類であったり、窓ガラスの種類といった家を建てるにあたっての基本的なところから、自分たちで決めるという方式です。このフルオーダー式を利用するにはある程度の建築知識が必要となってきます。手間や時間はかかってしまいますが、完全に自分好みの自分だけの家を作ることが可能になってきます。
二つ目はセミオーダー式です。フルオーダー式に対し、基本的なものを建築会社の方が決め、間取りや外装などといった簡単なものを自分で決めるという方式になっています。こちらは、建築知識がなくても簡単にできることから、こちらの方式を選ぶ方が圧倒的に多いです。なので、注文住宅には2種類あるというのが本当ですが、基本的に注文住宅と言われたら、こちらのセミオーダー式のことを言っているというのを頭に入れておくといいでしょう。

注目の記事

間取り図面と家の模型

耐震性に照らして注文住宅を設計

注文住宅であれば、規格されたモデルハウスによる耐震性に関する検証はあまり意味を持ちません。個別の注文住宅に応じてこのような耐震に関する…

more
和モダンデザインの家

注文住宅についての紹介

注文住宅とはすでに間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、建築主が自分の希望をいかし施工会社と請負契約をかわして、建築…

more
三角屋根の家

注文住宅で有用な耐震シミュレーション

居住していく人にとって、注文住宅は快適であるばかりか、なおかつ安心して暮らしていけるようにしなければなりません。このため注文住宅は、と…

more
四角いデザインの家

注文住宅とは

注文住宅とは新築の住宅の建物の内装、外装、間取りといったものを、自分自身で決定できるといった建築様式のことを言います。自分で決めること…

more
Top